「歩けないほどの腰痛」急にくる原因と今すぐできる対処方法

急に襲ってくる歩けないほどの腰痛。

しかし「激しい動きをしたわけでもなく、心あたりがまったくない」

このような状況で不安を抱える人は少なくありません。

今回は、そんな人の不安が少しでも解消されるよう「急にくる歩けないほどの腰痛」の原因や対処方法をご紹介します。

 

  • 朝起きようとすると腰が痛くて動けない
  • 昨日まで普通だったのに急に歩けなくなった
  • 腰が痛くて椅子にも座れない

 

このようなお悩みを抱えている人は、ぜひ最後までご覧ください。

急にくる歩けないほどの腰痛の原因

急にくる歩けないほどの腰痛の代表的な原因が以下の4つです。

 

  • ぎっくり腰
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰椎圧迫骨折
  • 内臓系の病気

 

聞きなじみのある病名も多いかと思いますが、これらがなぜ急にくる歩けないほどの腰痛を引き起こしてしまうのかをくわしくお伝えしていきます。

ぎっくり腰(急性腰椎症)

急に歩けなくなる腰痛の代表は、ぎっくり腰です。

医学的には「急性腰椎症」と呼ばれる腰痛ですが、重たい荷物を持ち上げるなどの心あたりがとくになくても発症の可能性は十分にあります。

痛みは個人差が大きいですが、ひどい場合は腰から脚にかけて激しい痛みを感じるため歩くことができません。

腰椎椎間板ヘルニア

20~30代の若年層に多くみられる腰椎椎間板ヘルニア

腰椎(腰の骨)と腰椎の間にクッション材のように存在する椎間板がつぶれて飛び出してしまう病気です。

飛び出してしまった椎間板(髄核)が、そばにある神経を圧迫してしまい、お尻や脚にひどいしびれや痛みが出ると歩けないほどの腰痛となります。

腰椎椎間板ヘルニアの原因は、日常的な腰への負担や姿勢の悪さなどがあげられていますが、明確な原因は解明されていません。

腰椎圧迫骨折

高齢者に多くみられる腰椎圧迫骨折

その名前のとおり、腰の骨が圧迫され潰れてしまう病気です。

痛みの感じ方は個人差が大きく、なかには歩けないほどの腰痛を感じる人もいます。

原因は、転倒などの衝撃によるものが代表的です。しかし、骨粗しょう症が進行すると、とくに何もしていないにもかかわらず、気が付いたときに骨折している「いつのまにか骨折」になることもあります。

内臓系の病気

歩けないほどの腰痛の場合、必ずしも骨や筋肉だけの問題ではなく内臓系の病気も視野に入れる必要があります。

とくに、すい臓がん解離性腹部大動脈瘤では激しい腰痛を感じることが特徴です。

とはいえ、これらの場合は腰痛のみの症状ではなく、他にもさまざまな症状が出ます。

思いあたる節がある場合は、ただちに専門の医療機関を受診しましょう。

急にくる歩けないほどの腰痛の対処法と注意点

歩けないほどの腰痛が出た場合、正しい対処法を事前に知っておくと、早期の症状緩和を目指すことができます。

では、正しい対処法とはどのようことを行えば良いのか、くわしくご紹介します。

辛い腰痛の痛み 自分では対処できないと思ったら

安静

歩けないほどの腰痛の場合、無理に体を動かそうとすると症状がさらに悪化するリスクがあります。

そのため、まずは安静をとり症状が緩和するのを待ちましょう。

ただし、1~2週間経っても一向に症状が緩和しないときは、専門の医療機関でくわしい検査を受けることをおすすめします。

コルセット

仕事や用事でどうしても動かなければならない場合にはコルセットが有効です。

ただし、コルセットはあくまでもその場をやり過ごすための装具のひとつであり、治療目的のものではありません。

そのため、安静時や痛みが軽度のときには積極的にコルセットを外して過ごすことをおすすめします。

正しい姿勢&体の使い方に気を付ける

ぎっくり腰や腰椎椎間板ヘルニアなどの原因には姿勢や体の使い方の悪さがあります。

 

  • 脚を組むクセがある
  • 横座り・お姉さん座りをするクセがある
  • 椅子生活ではなく床生活
  • 1~2時間以上椅子に座り続けることがある
  • 中腰の姿勢をよくとる

 

これらは、ぎっくり腰や腰椎椎間板ヘルニアの原因となりえる姿勢や体の使い方です。

思いあたるものがある人は、ぜひ今日から改善するよう実践してみてください。

 

体幹トレーニングを行う

体幹トレーニングとは、お腹や背中など体の中心部を鍛えるトレーニングのことです。

体幹トレーニングにはさまざまな種類がありますが、たとえば立っているときに下腹部を凹ませるように力を入れることも手軽にできる体幹トレーニングのひとつです。

また、片足立ちでバランスをとる動作も体幹トレーニングにつながるため手軽に実践できます。

まずはできる範囲から、とにかく実践してみることが大切です。

体の歪みやバランスを整える

体の歪みやバランスの乱れを整えることも、急にくる歩けないほどの腰痛を根本から改善するためには効果的です。

ただし、おひとりの力だけで歪んだ体を整えることは簡単ではありません。

そんなときは、ひとりで悩まずに専門家の力を借りることがおすすめです。

腰痛を整体で根本改善してみませんか

福山市「やさしい整体院」の急にくる歩けないほどの腰痛に対する施術

広島県福山市「やさしい整体院」では、急にくる歩けないほどの腰痛に対して以下の施術を行います。

  • 正確な骨格矯正
  • 日常生活のアドバイス

正確な骨格矯正

痛い部位を揉んだり伸ばしたりしても、症状が緩和したように感じるのは一瞬だけ。

すぐに元に戻るどころか、筋肉に負担がかかることでかえって症状が悪化してしまうケースもあります。

やさしい整体院は、痛みとしびれの専門として連日多くの人に利用していただいていますが、基本的な施術は骨格(とくに背骨)の矯正です。

痛みを感じる部位だけに目を向けるのではなく、体全体のバランスをチェックして改善をくわえる。

この方法で長年にわたり結果を出し続けています。

実際の「腰痛」の施術動画

実際の「腰椎椎間板ヘルニア」の施術動画

日常生活のアドバイス

施術を受けるだけでは、急にくる歩けないほどの腰痛を根本から改善することはできません。

痛みや不調のほとんどが日常生活に何らかの原因があります。

その原因を特定して改善することが、急にくる歩けないほどの腰痛を根本から改善するポイントです。

やさしい整体院では、丁寧なヒアリングとアドバイスで、日常生活に潜む痛みの原因を特定して、改善策をご提案します。

 

もし、これまでの整体院では施術を受けるだけで、日常生活のアドバイスなどはあまりしてもらった経験がない人は、やさしい整体院にお越しください。

やさしい整体院 痛みを改善するための施術内容

やさしい整体院