右の背中が痛い!その原因とは?

右の背中の痛みは肝臓から?

右の背中が痛いときに

考えられる原因としては

肝臓に関する疾患が疑われることが

あります。

 

例えば肝臓がんであったり

肝炎、胆石症、胆のう炎などが考えられるところです。

肝臓がんは右側のお腹の不快感や

右側の肩甲骨や右背中の痛みと

して感じられる他に体全体が

衰弱していくというようなことも

状態として考えられます。

 

また男性が比較的かかりやすいと

いう事が言われています。

 

肝炎の痛みは右の背中にくる?

肝炎は肝臓が炎症が起こしている状態で

これが右背中の痛みとして感じられるケースがあります。

 

発熱があったり、カラダがだるくなったりするほかに、

黄疸などの状態が出たりする特徴があります。

胆石症は胆汁の成分が固まってできた小さな石が、

胆のうの出口に詰まってしまって痛みを引き起こす病気です。

 

みぞおちから右脇腹にかけての痛みがあり、

背中の右側が痛んで寒気や吐き気などが起きるのが特徴的な状態です。

胆のう炎は胆のうに炎症が起きてしまった状態です。

胆石症で詰まってしまった胆石がなかなか移動しないことが

原因となって炎症を引き起こしてしまい胆のう炎になることが考えられます。

 

胆のう炎は、急性胆のう炎と慢性胆のう炎の2種類があって、

状態はそれぞれに異なります。急性胆のう炎は発熱があり、

吐き気もして右側の腹部から右肩、

背中の右側に激しく痛みが出てくることがあります。

 

慢性胆のう炎は右側の腹部や背中の右側に

ズキズキするような痛みを感じる状態があります。

右の背中が痛い場合は肝臓に関する疾患が疑われるので、

病院で診てもらうのが一番良いかもしれません。

 

筋肉痛などで特に思い当たる節が無い時には、

なかなかストレッチなどでコリをほぐしても効果が

感じられない事が多いという事が言えるのかもしれません。

 

筋肉から来ている場合はストレッチや血行を

良くすることで状態は改善していく事になりますが、

内臓から来ている場合はなかなか自然治癒力

だけでは回復しにくいというケースも考えられます。

 

マッサージに行っても根本的な改善にならない?

もし、マッサージなどにいかれてその時楽になるけど

また、すぐに次の日には元に戻ってしまうと言うことは

あったりしませんでしょうか?

 

そういうタイプのは人は、

肝臓の病気というわけではありませんが

肝臓が疲れすぎている可能性があります。

 

肝臓が疲れすぎていると

どうしても背中が張り感が出てくる事があります。

 

そんな時は、お酒や甘い物を減らして見て下さい。

そうすると、あなたの背中の痛みやコリが

段々と減少してきます。

 

その背中の痛みはとれていきますよ。

 

最後まで記事を読んで頂いてありがとうございました。

 

広島県福山市の背中の痛み整体「やさしい整体院」

院長 吉岡 渉

 

症状について詳しくはこちら

背中の痛みなら福山市の「やさしい鍼灸整体院」へ  ネットから予約する LINEで予約する
住所

〒720-0064

広島県福山市延広町4-20 久松ビル1F

アクセス

福山駅南口より徒歩7分・2号線沿い

電話番号

084-983-3878

受付時間
10:00〜15:00 × ×
17:00〜21:00 × ×