左の背中が痛い!その原因とは?

左の背中の痛みの原因は肩こり?

左の背中の痛みの一般的に

多い原因は肩こりです。

 

多くの人が経験する状態ですが

重い頭と腕を支えるための方の

筋肉が緊張してしまって血行の

悪化から生じてしまいます。

 

肩から首筋にかけて張りや痛みが

主な状態としてでてきますが

人によっては背中まで痛みが

広がることがあります。

 

肩こりで背中が痛いときには

肩や背中に広がる筋肉に負担が

かかっている状態です。

 

左の背中ばかりが痛いときは?

左の背中ばかり痛い場合には

立ち方や座ったときの姿勢に

クセが合って左肩や左側筋肉に

負担がかかっている可能性があります。

 

さらに状態が悪化した場合には

吐き気や頭痛の状態が出る人もいます。

 

内臓が原因の場合もあるので注意!!

 

背中の痛みでも左側の肩周辺から腕にかけて

痛みがある場合には、狭心症や心筋梗塞が

原因になることがあります。

 

 

左の背中でも肩甲骨周辺に痛みが

ある場合には、姿勢の悪さと内臓の

病気の可能性2つが主な原因です。

 

姿勢が悪い場合には、立っているときや

座っているときに身体が歪みが

生じて肩甲骨周辺に痛みが生じてしまいます。

 

 

肩甲骨には腕のさまざまな動作を

助ける役割がありますが、

周囲は複数の筋肉で覆われていますが、

身体に歪みがあると、

肩甲骨の周りの筋肉に過度な負担が

生じて筋肉が緊張状態となり硬くなります。

 

姿勢の悪さが気になる場合には腕を動かしたり

肩を上げると痛みが起こります。

 

内蔵の病気のサインは肩甲骨周辺の

関連痛から起こりやすいという特徴があります。

 

左側の肩甲骨周辺が痛みがあるときには

心臓やすい臓が病気になる可能性があります。

 

内臓の病気のサインが原因の場合には

安静時にも痛みが起こりやすいという特徴です。

 

左側から真ん中まで痛みがある場合には

胃やすい臓の病気、大動脈解離などが原因の

可能性があります。

 

左の下の腰周りの痛みの場合には

椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症

腎孟腎炎

尿管結石

など可能性があります。

背中の痛みは姿勢の悪さからの筋肉への負担が

原因がほとんどです。

 

痛みは市販薬で改善することができます。

 

飲み薬や貼り薬を活用し、身体の内側と外側からアプローチしていきます。

姿勢を正したり、身体を動かして筋肉をリラックスさせてることも大切です。

 

普通の背中や肩の痛みに対して何をしたら良いか分からないと

言う時は、とりあえずぬくめて下さい。

 

水分をシッカリととってお風呂に入る

これだけでも簡単なコリなら楽になりますよ。

水分がポイントですよ^^

 

最後まで記事を読んで頂いてありがとうございました。

 

広島県福山市の背中の痛み整体「やさしい整体院」

院長 吉岡 渉

 

症状について詳しくはこちら

背中の痛みなら福山市の「やさしい鍼灸整体院」へ  ネットから予約する LINEで予約する
住所

〒720-0064

広島県福山市延広町4-20 久松ビル1F

アクセス

福山駅南口より徒歩7分・2号線沿い

電話番号

084-983-3878

受付時間
10:00〜15:00 × ×
17:00〜21:00 × ×