【巻き爪】何科にいけば良いの?施術方法は?

こんにちは

広島県福山市の巻き爪整体「やさしい整体院」

吉岡 渉です。

 

あなたは夏になるとこうい爪が見える靴を

履いたりしていませんか?

 

でも、そんな時に巻き爪だったら出すのが気になりますよね。

 

巻き爪になると

好きな靴が履けなかったり

歩くと痛かったり

病院で爪を抜いたけど再発してきた

 

どうしたら良くなるの?

何科いけばいいの?

サロン?

 

と不安になられてはいませんか?

この記事では、巻き爪になったら何科にいけばいいのか?

また、巻き爪の施術ってどういう種類があるのか?

と言うことを解説していきますね。

 

巻き爪は皮膚科が専門です

爪って特殊な感じがすると思いますが、これ皮膚が硬くなった物なのです。

意外ですよね。私も学校で習ったときはビックリしたのを覚えています。

 

ただ、皮膚科と言っても爪を専門的に見られている皮膚科の先生は少ないです。

病院の処置

病院のでの施術はワイヤーか手術のパターンが多いです。

マチワイヤーは、指の先から伸ばした爪に2カ所穴を開けてから

ワイヤーを入れて瞬間接着剤で固定。

 

長時間同じ形を作り爪を固定することにより、手術をせずに改善できる方法です。

 

病院のこの方法も素晴らしいのですが

爪がある程度伸びていないと装着できない

爪が割れる

ストッキングなどに引っかかり日常生活で邪魔になる

と行ったデメリットもあります。

 

ただ、病院に行っても思ったような処置を受けられない方もおられます

 

・皮膚科に行くと爪を短く切られて終わり

・整形外科では痛み止め様子を見ることになっただけ

・ここでは対応できないと言われた

・外科に行くと爪をゴッソリ切りましょうと言われた

病院に行ったからと行っても、薬だけを貰って返されるケースもしばしば

先生達も巻き爪専門ではないので余り分からないのでしょうね。

 

病院以外の所ではどういう方法をしているのか?

巻いた爪にプレートを貼り付ける方法

・ペディグラステクノロジー

・B/Sスパンゲ

巻いた爪に貼り付けて、プレートの弾力で爪を持ち上げます。

大きい爪や分厚い爪、巻き爪が酷い方には少しプレートをつけるのが困難です。

接着剤をで固定するので爪に負荷が掛かり、プレートが剥がれる場合もあります。

やさしい整体院では「ワイヤー施術」を行っています。

病院でしている爪に穴をあけるタイプでなく、爪にワイヤーを引っかける

インベントプラスを使っています。

爪に穴を開けないので爪が割れたり、伸ばしたりしなくてもできます。

 

キツい巻き爪や初期の巻き爪にはかなりの確率で痛みが初回でとれます。

 

どれもメリットデメリットはあります。

 

当院ではあなたの爪を補正加工していきます

爪の補正は凄く大事です。

今後の再発の予防や初回での痛みの軽減に繋がります。

 

今まで酷い巻き爪や陥入爪でどんな補正もできなかった!

効果を感じられなかった。

 

と諦めていた方が爪の補正加工により

 

初回で痛みがとれた!

歩いても痛くない!

好きな靴を履いて出かけられる!

旅行に行ける!

スポーツを思いっきり出来る!

 

と喜ばれる方がほとんどです。

 

もう2度と巻き爪にならない体を作っていきましょう

 

もし、このようなお悩みがあるのならいつでもご相談下さい。

当院では写真診断もしていますので、メールフォームから

あなたの爪を送って頂けるとご相談乗れます。

 

最後までお読み頂いてありがとうございました。

 

こんにちは

広島県福山市の巻き爪整体「やさしい整体院」

吉岡 渉です。

 

症状について詳しくはこちら

巻き爪なら福山市の「やさしい鍼灸整体院」へ  ネットから予約する LINEで予約する
住所

〒720-0064

広島県福山市延広町4-20 久松ビル1F

アクセス

福山駅南口より徒歩7分・2号線沿い

電話番号

084-983-3878

受付時間
10:00〜15:00 × ×
17:00〜21:00 × ×