肩が凝りつけてくると吐き気がする!その理由とは?

 

肩こりの状態が長引くと

吐き気がしてきて吐くのを

我慢するほど気持ち悪い状況が

続くケースがあります。

 

普段から肩こりを抱える人の中には

こうした経験をする人が

結構存在し、なぜ吐き気を催すのか

疑問に感じている人もいます。

 

肩こりから吐き気を催す理由とは?

実は吐き気を催すには理由があり

脳幹にある延髄に存在する嘔吐中枢が

大きく関係しています。

 

嘔吐中枢に刺激が加わることで

吐き気を催し、嘔吐につながります。

 

乗り物酔いや急激なストレスで

吐き気を催して嘔吐するのも

自律神経の乱れなどの刺激が

与えられることが原因です。
肩こりの場合になぜそうなのるかですが

これは肩こりが発生する位置と関係しています。

 

吐き気は延髄と関連性がある

 

延髄の位置は頭と首の境目あたりに存在します。

肩こりが発生する段階ではこのあたりの筋肉が

かなり凝った状態になり締め付けられたような形になり

それが過緊張の状態にさせて自律神経を刺激し嘔吐中枢に到達します。

 

そして吐き気を催しやすくなるというのが真実です。

つまりこの状態を避けるためにはできるだけ刺激を

与えないことが大事であり、その中で肩こりを軽くさせていくことが求められます。
肩こりは血流の悪さから発生するものであり、疲労物質の蓄積が様々な部位に影響を与えます。

緊張型頭痛と呼ばれるものはまさに肩こりから発生するものです。

 

この頭痛によって吐き気がもたらされているのだとすれば

 

筋肉の緊張を緩める事がとても大事です!

筋肉の緊張状態を改善しないといけません。

 

この場合はストレッチをする事で快方に向かうことがある他

お風呂に入って患部を温める事で血流を良くさせることができます。

 

また水分を積極的に摂取する事で血流が良くなります。

 

安静にすることが一番大事ですが

仕事中に安静にして横になるわけにはいきません。

 

仕事をしていて疲れを感じ、肩に重さを感じたらストレッチを

行ったり水分を摂取したりするのがおすすめです。

 

肩や首を使ったストレッチを数分行うだけでも肩を軽くさせ

頭痛を起こしにくくさせて吐き気も感じないようになります。

 

是非、一度これらの方法を試して頂き吐き気が緩和

するかお試し下さい。

 

最後までお読み頂いてありがとうございました。

 

広島県福山市の肩こり整体 「やさしい整体院」

院長 吉岡 渉

症状について詳しくはこちら

肩こりなら福山市の「やさしい鍼灸整体院」へ  ネットから予約する LINEで予約する
住所

〒720-0064

広島県福山市延広町4-20 久松ビル1F

アクセス

福山駅南口より徒歩7分・2号線沿い

電話番号

084-983-3878

受付時間
10:00〜15:00 × ×
17:00〜21:00 × ×


ブログ

受付時間

10:00 〜 15:00

17:00 〜 21:00


電話番号

084-983-3878


定休日

土曜、水曜


住所

〒720-0064
広島県福山市延広町4-20 久松ビル1F