【場所別で分かる】ランニングが原因で起こりやすい膝周りの5つの対策とは?

こんにちは

 

広島県福山市のスポーツ整体をしている、やさしい鍼灸整体院の

院長の吉岡渉です

 

みなさんはランニングはお好きでしょうか?

僕も走るの気持ち良いので大好きです^^

ただ、今は寒いので休憩中ですが

暖かいとき限定のランナーです

 

さて、今回のお題は

「膝の痛い人必見」ランニングが原因で起こりやすい膝周りの5つの状態

についてお話していきます。

 

今、膝が痛い人は、「もしかしたら自分はこれかもしれない!」と言うことが

分かりますよ。

 

膝の場所別による状態名

こちらが分かりやすい場所と状態名を書いた画像です。

 

①赤色:ランナー膝・ランナーズニー・腸脛靱帯炎

痛む場所:膝の外側の痛み

 

②青色:ジャンパー膝

痛む場所:お皿の下、またはお皿の上

 

③緑色鵞足炎(がそくえん)

痛む場所:膝の内側の痛み

 

④黄色:オスグッド

痛む場所:膝の下の痛み

 

⑤赤色と緑色:半月板損傷

痛む場所:膝の外側と内側

 

これがランニングし続けることにより、痛みが出てきやすい

この5つが主な状態名です。

 

一つ一つ詳しくどういう状態か説明していきます。

 

①ランナー膝 別名:ランナーズニー・腸脛靱帯炎

痛む場所:

膝の外側の2,3センチ上のあたりです。

原因:

基本的にはオーバートレーニングで発症します。

膝を曲げたり伸ばしたりする動作、屈伸したり自転車をこいだりする動作により

腸脛靱帯が大腿骨にある外側上顆でこすれあい炎症が起きていると言われています。

ただ、本来はこすれるようなっていません。

 

なぜ、こすれるのかと言うとこの腸脛靱帯には、大殿筋と大腿筋膜張筋が繋がっています。

この大殿筋と大腿筋膜張筋が疲労などにより硬くなることにより、大腿靱帯が引っ張られた

状態になると、さきほどの骨とこすれるようになって痛みがでます。

<ランナー膝に対する運動法>

 

<ランナー膝に対しての運動法>

 

②ジャンパー膝

痛む場所:

普通はお皿の下だが、まれにお皿の上が痛むこともある

原因;

ジャンプの動作をよくするスポーツでなりやすいです。

バレーボール・バスケット・ハンドボール・陸上競技です。

膝の上にある大腿四頭筋と呼ばれる伸び縮みがおさらや膝蓋靱帯に掛かる

ことによって、靱帯の小さな断裂が起り痛みが出ています。

 

鵞足炎(がそくえん)

痛む場所:

膝の内側の図で書いてあるあたりに痛みが発生

 

原因;

縫工筋・薄筋・半腱様筋と言う三つの腱が脛骨の内側にまとまっているものを

鵞足(がそく)と呼びます。

ランニングやジャンプなどの動きにより、脛骨の内側に痛みが発症します。

痛みの出方としては、初めは運動後に発症するが段々と酷くなると歩行や

階段で痛みが出始めます。

特に、回内足やX脚の人は膝の内側に負担をかけるのでなりやすいので要注意です。

また、靴の内側がすり減っている人も要注意です。

<膝の内側に対する運動法>

 

④オスグッド

痛む場所:

お皿の下の方が痛む。ジャンパー膝よりさらに下の方になります。

図で言うと、脛骨って書いてあるあたりです。

 

原因:

小学生高学年~高校生ぐらいまでのスポーツを本気でやっているお子さん多いです。

スポーツとしては、サッカー、野球、陸上、バレーなどなどです。

原因としてはジャンパー膝と似ているのですが、大腿四頭筋が疲労で固まることにより

膝蓋靱帯に負担が掛かり痛みがでます。

ジャンパー膝と違うところは、痛む場所はジャンパー膝よりも下の方になります。

また、隆起してきたりもします。

 

<オスグッドに対しての運動法>

 

オスグッドについてさらに詳しく知りたい方は下記の記事をお読み下さい。

<オスグッド(成長痛)|ケア・運動法・回復までの目安期間・再発防止までのパーフェクトガイド>

オスグッド(成長痛)|ケア・運動法・回復までの目安期間・再発防止までのパーフェクトガイド

 

⑤半月板損傷

痛む場所:

膝の内側か外側に痛みが発生。

 

原因:

半月は膝と大腿骨の間にある、英語のCの形をした軟骨で

のクッションの役割をしています。

スポーツなどによって段々とすり減っていきます、

特に膝をひねるような動きをすると損傷を生じやすくなり

先ほどのクッションの役割の半月板に亀裂が入り痛みが出てきます。

膝の曲げ伸ばしの際に痛みやひっかかりを感じます。

膝に水が溜まると、ロッキングと言う状態になり

歩けなくなるほど痛くなったりすることもあります。

 

<半月板損傷に対する運動法>

 

 

まとめ

如何でしょうか?

これらが特にランニングしていたら出てきやすい膝の痛みです。

 

いつまでも楽しく快適に走っていたいですよね。

是非、これらのストレッチを実践してみて下さい。

 

もし、これらをしても痛みが変わらなかったら

少し重症の可能性もありますので最寄り整体院などを

オススメします。

 

特にスポーツ系に強いところがいいですね。

 

例えば私の知り合いの先生で言うと

 

サッカー元サンフレッチェ広島のトレーナーをされていた

高橋先生という、兵庫県明石市魚住町錦で整骨院をされている先生です。

 

この先生なんか経験がトレーナーと言うことで凄く豊富です。

もし明石市のお近くで悩まれている方は

訪ねてみて下さい。

 

高橋整骨院のHP

ホーム

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

広島県福山市の膝の痛み改善整体「やさしい整体院」

院長 吉岡 渉

 

 

症状について詳しくはこちら

膝内側の痛み(鵞足炎)なら福山市の「やさしい鍼灸整体院」へ ネットから予約する LINEで予約する
住所

〒720-0064

広島県福山市延広町4-20 久松ビル1F

アクセス

福山駅南口より徒歩7分・2号線沿い

電話番号

084-983-3878

受付時間
10:00〜15:00 × ×
17:00〜21:00 × ×