妊娠するために必要な栄養素とは?食生活をただして不妊を回避

妊娠に必要な栄養素はこれ!不妊になりやすい食生活を回避。

 

なかなか子宝に恵まれない不妊症。

原因は様々ありますが、その一つに妊娠には欠かせない栄養素が不足しているというケースもあります。

しかも、それは現代女性が陥りやすいケースだったり……。

というわけでここでは、妊娠しやすい身体づくりに不可欠な栄養素について迫ってみましょう。

 

 

●赤ちゃんは健康な体に宿る

 

健康と一言にいっても、様々な観点があります。

しかし、ここでいう健康とは栄養のバランスのとれたしっかりとした体のことで、

例えば、見た目はスマートでスタイルがよくても、特定の栄養素が不足した状態はここでいう健康ではありません。

とくに、赤ちゃんが宿る健康な体というのは、妊娠に必要な栄養素がしっかりととれている体のこと。

ダイエットの習慣がついていて、野菜中心の生活を送っているせいで肉や魚をほとんどとっていなかったり、

脂肪を落とし過ぎたせいで冷え性などに悩んでいるというのは、少なくとも妊娠しやすい体ではないのです。

まずは、妊娠するための、バランスの取れた健康的な体を目指す必要があります。

 

 

●赤ちゃんの宿りやすい身体に必要な栄養素

 

・タンパク質

まずこれがないと、身体に妊娠をするための準備が全く整わないというレベルの栄養素。

それがたんぱく質です。

とくに、一部の女性にはコレステロールの増加を心配してお肉をとることを控えている人もいますが、コレステロールは妊娠には不可欠な女性ホルモンの材料。

控えてしまうのは、妊娠するという観点では逆効果になります。

 

・鉄分

貧血予防という名目でよく耳にする鉄分。

しかし鉄分は、粘膜を作るのにも重要な栄養素で、妊娠するための身体づくりにおいては欠かせない栄養素となります。

とうぜん貧血も鉄欠乏のサインですが、ニキビや朝起きにくいなどもその兆候ですので心当たりのある人はしっかりと摂取することを進めします。

 

・亜鉛

これが不足している人はかなり多く、また食事でとりにくい栄養素の代表格が亜鉛。

しかし亜鉛は子宮の環境を整えるためには絶対に必要な栄養素ですので、不足すると妊娠しづらくなります。

また亜鉛の少ない食生活は、男性の精子の生成にも悪影響を与えますので、積極的にパートナーととることを心がけましょう。

 

・ビタミン類

ビタミンBAEなども妊娠には欠かせない栄養素。

とくにビタミンB群にある葉酸は妊娠初期に赤ちゃんの脳の発育を助けます。

またビタミンEは別名妊娠ビタミンと呼ばれるほどで、排卵の促進や、卵巣の重量を増加させる働きなどが期待でき、すすんで取るべき栄養素になります。

 

・カルシウム

もちろん体の組織を作りためにも必要ですが、ストレスの軽減にもカルシウムは必須。

メンタル面のサポートなど、不妊の原因にもなるストレスの軽減に大いに役に立つ栄養素です。

 

 

●まずは食事で足りない分はサプリで

ご紹介したこれらの栄養素は、基本的には食事でとるべきものです。

しかし過体重で体重制限をしている人や、亜鉛の様に取りにくい栄養素はサプリメントでとることをお勧めします。

その際は、厚生労働省の定めた一日の摂取量をよく把握したうえで、限界値を超えないように気を付けて取っていきましょう。

とはいえ本質は、妊娠しやすい健康な体のために、バランスの良い食事が基本なのです。

一度、あなたの栄養面をお考え下さい。

広島県福山市の不妊整体「やさしい整体院」

院長 吉岡 渉

症状について詳しくはこちら

不妊症なら福山市の「やさしい鍼灸整体院」へ ネットから予約する LINEで予約する
住所

〒720-0064

広島県福山市延広町4-20 久松ビル1F

アクセス

福山駅南口より徒歩7分・2号線沿い

電話番号

084-983-3878

受付時間
10:00〜15:00 × ×
17:00〜21:00 × ×


ブログ

受付時間

10:00 〜 15:00

17:00 〜 21:00


電話番号

084-983-3878


定休日

土曜、水曜


住所

〒720-0064
広島県福山市延広町4-20 久松ビル1F