鍼灸師が書く不妊症の病院以外の整体・鍼灸・漢方とは?

不妊について

病院で体に異常がないと言われて

タイミング法などを試しているが子供を授からない。

もう体外受精しかないかも・・・・

 

一度、病院以外の方法で何か子供を授かる方法が

ないか検索してみよう

 

このような状況ではありませんか?

 

私は鍼灸と整体の施術を10年以上しています。

 

多くの不妊症で悩まれている方々に施術させて頂きました。

そして、我が家も二人目不妊で悩んだ経験があります。

 

それらの実経験を通じてお話を今回はさせて頂く事により

あなたの今後の対処方を考えるひとつの材料になり

 

元気なお子さんが生まれる手助けになれば良いと思い

この記事を書かせて頂きます。

 

不妊症で鍼灸・整体・漢方とは?

・鍼灸

・整体

・漢方

 

などが、不妊症に対してよく有効だと言われています。

 

実際に

 

どれをすればいいのか?

 

どれが自分にあうのか分からないと思います。

 

よく患者様から鍼灸や整体、漢方について違いや

どんな感じなのかを良く聞かれますので、

よく聞かれる事をご説明させて頂きます。

 

不妊症に対する鍼灸について

鍼灸とは?

 

鍼灸とは東洋医学的な考えの、気・血・水や陰陽のバランスを

考えながら施術をしていきます。

 

一般的に鍼を刺すと言うのは怖いイメージがあると

思いますが、ほとんど痛くありません。

 

また、最近の鍼は使い捨てになっていますので

衛生面もご安心下さい。

 

お灸もTVなどで面白がって熱い!

ってイメージなのではないでしょうか?

 

お灸も進歩しており、熱いと言うよりも

ほんわりと気持ちの良いお灸もあります。

 

お灸をすることにより全身が温かくなり

とても気持ちが良いですよ。

 

なぜ鍼灸が不妊症に効果があるのか?

 

気・血・水の体の中のバランスを整えて

あなたの体の中の流れを良くしてくれます。

 

気について

気とは古代の中国では存在する全ての物は、気で作られていると考えられています。

気とは常に形態が変化しつづけるもの。

 

健康面に対しての気は、その気の流れと量が大事と言われいます。

気が不足すると元気が無くなったり、やる気が続かないとなります。

 

流れが悪いと、気の停滞がおこり鬱などになると言われています。

 

気の働きとしては

 

・体の皮膚や内臓・骨・筋肉への全てに栄養補給

・体を温める

・体を守る

 

などがあげられます。

 

血について

これは現代で言う血液と同じ意味合いです。体に酸素や栄養をおくる役割をしています。

 

水について

血以外の水分の事を水と呼んでいます。

 

この気・血・水の状態を脈・お腹・舌などでどどういう状態か

判断します。

 

そして、その不妊症の原因となっているところを調整し

妊娠しやすい体を作っていきます。

 

不妊鍼灸をしている私の経験での私見

 

ややこしい話になるのですが、

鍼灸の世界は流派がいっぱいあり原因に対しての考え方も

様々です。

 

先ほどの気・血・水の考え方も色々な解釈で

先生ごとに違います。

 

ただ、実際に鍼灸は不妊症に対して良く効果があります。

 

鍼も良いのですが、

 

特にお灸が効果を示す事が多いです。

 

現代、冷えている人が多いのが原因なんでしょうが

冷えのお灸をすると体調が変わってきます。

 

そして、体がいつもよりも軽くなったり

朝の寝起きが変わったりします。

 

そうしている間に、体質が変わってきて

妊娠しやすい体になります。

 

不妊症に対する整体について

 

 

整体でなぜ不妊症が改善されるのか?

 

整体も鍼灸と同じで色々な方法があります。

 

その中でも整体で内臓を調整すると言う技術があります。

 

少し難しい話ですが

 

体性自律神経反射(たいせいじりつしんけいはんしゃ)

と言う言葉を聞いた事があるでしょうか?

 

反射とは

 

・棘が手に急に刺さると手をピッと引っ込めます

・ボールが目の前にくると目をつぶります

 

体にはこういう反射の経路が形成されています。

 

棘が手に刺さる→痛いと言う感覚が脊髄(脳)→筋肉を縮こめろと指令→手をピッひっこめる

と言う風に伝わっています。

 

体性自律神経反射とは、

 

皮膚に傷がつく→体の防衛反応が働き緊張感を出す→心拍が上がる

 

簡単に言うと

 

皮膚と内臓は繋がっていると言うことです。

ちなみに鍼灸もこの原理を利用しています。

 

内臓整体ではこの作用を利用していきます。

 

例えば

 

頭の骨の調整の仕方をクラニアルと言うのですが

頭の骨の調整で肝臓の働きをよくする

 

足をポンポンと叩いて胃や膵臓の調整をする

 

足首の調整で子宮を調整する

 

このように各体の部分と内臓は密接に繋がっていますので

体の調整により内臓の働きをよくしていきます。

 

そして、それが内臓の調整となり

体質が変わり妊娠力がついてきます。

 

内臓の調整がどういう感じか気になる方はこちらをご覧下さい。

 

不妊整体をしている私の経験での私見

鍼灸と同様にこちらもかなり効果的で、施術を受けていくと段々と体質が変わってきます。

 

そうなると、不妊症で鍼灸と整体どちらがオススメかといいますと

 

不妊に対して鍼灸と整体はどちらがオススメ?

アプローチの方法が違うだけで両方とも目指す方向は

体の調子を整えて体質を変えて、妊娠力をつけていきます。

 

はりやお灸が怖い方は整体での施術をお勧めします。

怖くないのなら両方併用していくのがお勧めです。

 

不妊症に対する漢方について

漢方薬は東洋医学的な考えで処方され、鍼や灸と似ているところがあります。

漢方薬は「生薬」と呼ばれる自然植物を混ぜ合わせて作ります。

有名な生薬で言うと

 

桂皮(ケイヒ)→シナモン

陳皮(チンピ)→ミカンの皮

人参(ニンジン)→にんじん

 

が身近で有名な生薬ですね。

 

いくつもの生薬をあなたの体の状態に合わせて

漢方を作っていきます。

 

これもその先生に考え方、検査方法によって

出される漢方が変わってきます。

 

不妊症だからこの漢方っていうもありますが

どちかと言うと正確に体を見て貰い

漢方の先生に処方して貰う方がオススメです。

 

以前に私は漢方を使われるドクターの下で

働いていました。

 

その時も鍼灸師として対応させて頂いていたのですが

漢方だけで妊娠に至る方もいましたので、

やはり漢方も相当な効果があると思われます。

 

また、鍼灸と併用されるのも凄く効果的です。

 

まとめ

最終的な結論として

全て体質改善をし、妊娠力がつくのでお勧めです。

 

特にどれを選択するか?と言うところで

悩まれやすいと思いますが、

整体から行かれるのが一番

通い安いのではないでしょうか?

 

もちろん鍼やお灸が怖くないのなら

鍼灸も良いですよ。

 

いずれにしても実績のある先生をHPなどで

選んで下さいね。

 

この記事が少しでもあなたのお役に立てたら嬉しいです。

 

不妊症の記事を最後までお読み頂いてありがとうございました。

 

広島県福山市の不妊整体 「やさしい鍼灸整体院」

院長 吉岡 渉

 

 

 

症状について詳しくはこちら

不妊症なら福山市の「やさしい鍼灸整体院」へ ネットから予約する LINEで予約する
住所

〒720-0064

広島県福山市延広町4-20 久松ビル1F

アクセス

福山駅南口より徒歩7分・2号線沿い

電話番号

084-983-3878

受付時間
10:00〜15:00 × ×
17:00〜21:00 × ×


ブログ

受付時間

10:00 〜 15:00

17:00 〜 21:00


電話番号

084-983-3878


定休日

土曜、水曜


住所

〒720-0064
広島県福山市延広町4-20 久松ビル1F