【アトピー性皮膚炎を治す】自分の体の力で改善させる10の対処方とは? 

アトピーを自分の体の力で改善したいとお考えのあなたに

アトピーで体が痒い

顔が赤くて恥ずかしい

皮膚がこすれて痛い

痒くて夜に眠りずらい

 

このような状況でお困りではないでしょか?

 

アトピーがあるだけで精神面にまで影響しますよね。

私も小学生3年くらいの頃までアトピーで

かきむしるので良く血を流していました。

 

人前に出るのも恥ずかしい

かゆいと辛くなってきます。

 

この記事では、私がアトピー整体をさせて頂いている中で

患者様自身に普段から気をつけて頂いている事を

書いていきます。

 

特に若ければ若いほどアトピーの改善率は高いので

お子さんが10代でアトピーで悩まれている方に

特にオススメです。

 

お時間のない方は

「アトピーをなおす、自分で出来る改善法」

の項目だけお読み下さい。

 

この記事の日常生活のアドバイスを守るだけでも

体が回復方向に向かうので、是非実践してくださいね。

 

なぜ、アトピーの状態がでるのか?

まず、初めにアトピーがなぜ発症するの原因についてご説明します。

西洋医学的な観点からと、私のアトピー整体の観点の

二つからの視点でお話させて頂きます。

 

【西洋医学からのアトピーの原因の考え方】

日本皮膚学会ガイドラインより、アトピー性皮膚炎は

皮膚の一番上の部分を表皮と呼びます。

 

その皮膚の

 

「バリア機能の異常」

 

により起きているとされています。

 

・遺伝や・アレルギー性疾患の既往歴が関与

・食べ物や花粉症なども関与

・ほこりやハウスダスト

・動物の毛

 

などが

関与していると言われており

 

先進国では21世紀までに過去30年で小児のアトピー性皮膚炎が

増えてきているとされています。

 

ではここでポイントなのが

 

「なぜ?皮膚のバリア機能が異常になるのか?」

 

それを、説明させて頂きます。

 

【アトピーが整体でなぜ改善してくのか?】

 

 

それは

 

「体質」

 

だと考えています。

体質と聞いてもよく分からないと思いますのでさらに

説明をしていきます。

 

体質とは何か?

 

からだの性質。遺伝的素因と環境要因との相互作用によって形成される、個々人の総合的な性質。

「風邪をひきやすい体質」「特異体質」

goo辞書より引用

 

ここで大事なのが

遺伝的要因と環境要因です。

 

遺伝的要因は変えることは出来ません

では、変えることが出来るのは環境要因です。

 

私達が考える環境要因により影響されるのは

 

あなたの内臓です。

 

あなたの生活習慣によって内臓が変わり体質が変わります。

 

ステロイドを使わないためのアトピー整体での考え方

皮膚のバリがー機能の低下に内臓、特に肝臓の働きだ大事だと考えています。

 

例えば、体の中に毒素が10入ってきたとします。

その毒を解毒してくれる所は

肝臓です。

ただし、あなたの肝臓の毒素の処理能力は5しかありません。

 

10から5を引いて残りは5です。

 

その5が体の中で処理しきれないので体の皮膚に毒素が排出されていると

私は考えています。

 

アトピーでステロイドからサヨナラするために大事な事は2点です。

 

1,毒素を体中に入れない

2,肝臓の処理能力を下げない

 

この2点を意識すればアトピーは改善されていきます。

 

【アトピーをなおす】自分の生活習慣の10の改善法とは?

水分を毎日1.5Lを飲む

 

 

 

 

 

水分凄く大事ですよ。

水分を取ることによって体の血液やリンパの流れが良くなります。

これが一番の基本です。

水分は、水は麦茶を飲んで下さいね。

 

汗をかいたらすぐにふく

汗をかいたらすぐに拭いて下さい。

拭くときも、すーっとするのが気持ち良いからと薬品などで

拭かないようにして下さい。

私のアトピー整体の経験で言うと、汗をかくタイプのスポーツを

している人は、していない人に比べて改善するのに

少し時間が掛かります。

必ず汗をかいたら水タオルか何かで拭いて下さいね。

 

シャンプーやリンスなどのスキンケア用品

スキンケアのこちらも重要です。

これはどれでも良いわけでなく、低刺激性の物をお使い下さい。

低刺激じゃないと皮膚のバリアを破壊しています。

 

色々なタイプの物がありますが、迷われている方にはこのタイプを勧めていました。

http://www.morecosmetics.co.jp/

 

甘い物やスナック菓子を食べない

甘い物やスナック菓子を食べることにより

肝臓の機能の一つに

グルコースの貯蔵と言う機能があります。

ですから、糖分を摂取することにより肝臓が働き

解毒機能が落ちます。

スナック菓子は油や塩分がキツく他の臓器への

影響があります。

 

コーヒーを控える

コーヒーの始まりは「薬」として飲まれていた事を

ご存じでしょうか?

ですから、コーヒーは薬を飲んでいるようなものなです。

薬が体の中に入ると、肝臓が一生懸命に解毒してくれます。

ですから、コーヒーもアトピーの人にとっては

控えて頂きたいです。

 

お風呂に15分以上入る

 

お風呂に入ることによって体温が上がります。

体温が上がることによって、内臓の働きが

よくなり血流やリンパの流れがよくなります。

そうすると、肝臓の処理能力も上がり

アトピーが処理されやすくなります。

 

寝不足厳禁

人によって適切な睡眠時間は違いますが

寝不足は厳禁です。

寝不足ということは体の内臓の機能が著しく低下します。

そうすると、こちらも毒素の処理能力が落ちて

アトピーが出てきやすくなってしまいます。

 

ストレス対策

ストレスが多い方も中々改善しにくい傾向にあります。

ストレスが溜まると、内臓の働きが落ちますそれで

アトピーが出やすくなると言う順序です。

ただ、このストレスは本人が溜めたくて溜めている

訳ではないので、何かと対策が難しい項目です。

何かしら自分の状況にあったリラックス法を

見つけられたら良いのですが。

 

黄砂や紫外線

夏の紫外線や春先の黄砂も危険ですので、

出来るだけ長袖を着るなどして、

紫外線や黄砂を避けて下さい。

 

加湿器による湿度調節

 

乾燥の時期に悪化する人多いですね。

あれは乾燥により皮膚のバリアが壊れやすくなっています。

ですから、加湿器による湿度調整は大事です。

出来たら、空気調整と加湿一緒に出来るのがオススメです。

 

まとめ

 

如何でしたでしょうか?

 

どうしてもアトピーって色々な改善法があって迷うと思います。

これを食べた方がいい、

あれを飲んだらいい、

これをつけるといい

 

などいっぱいありますよね。

 

でも一番大事なことは、あなたの快復力あげて

内臓の働きを良くし、皮膚のバリア機能を上げることです。

それには、この10個の対策をするだけでも改善していきます。

 

初めでも書きましたが、特に20代後半まででしたら

体の機能が高く、まだまだアトピーもよくなって行きやすいので

是非、実行してお役に立ててください。

 

これらの方法は私の患者様でもして頂いて

実際に効果が出ている事だけを書いています。

 

あなたのアトピーが少しでも良くなれば幸いです。

 

最後までお読み頂いてありがとうございました。

 

広島県福山市のアトピー改善整体「やさしい整体院」

院長 吉岡 渉

症状について詳しくはこちら

アトピーなら福山市の「やさしい鍼灸整体院」へ ネットから予約する LINEで予約する
住所

〒720-0064

広島県福山市延広町4-20 久松ビル1F

アクセス

福山駅南口より徒歩7分・2号線沿い

電話番号

084-983-3878

受付時間
10:00〜15:00 × ×
17:00〜21:00 × ×


ブログ

受付時間

10:00 〜 15:00

17:00 〜 21:00


電話番号

084-983-3878


定休日

土曜、水曜


住所

〒720-0064
広島県福山市延広町4-20 久松ビル1F